はじめての登山は三毳山で。

わたし、生まれて初めて登山をしました。


インドアエリートとして運動に全く関心を持てぬ人生を送ってまいりました。

家の階段で定期的に転ぶ、覚えのない内出血があるなど
母親譲りの運動音痴には定評があります。


今回アレンジしていただいたのは三毳山という栃木の里山。

 

f:id:kitajiko7:20170308195912j:plain

 

前日の夜中にパッキング。
如何に軽くするかが肝なのは旅行と通じるので、勉強になります。

数ヶ月の眠りからやっと目覚めるときがきたわたしのグリーンのザックちゃん。

f:id:kitajiko7:20170308210027j:plain


朝。新宿からマロニエ号というバスで佐野アウトレットまで。

f:id:kitajiko7:20170308195200j:plain

 

 

アウトレットから三毳山まで30分くらい散歩気分で歩きます。

「あの山まで歩いていこう」
という発想がそもそも初めてな気がするなあー。新鮮。
f:id:kitajiko7:20170308195145j:plain

のちに、この画像の三毳山の三角のてっぺん、だいたい行く事になるなんて。
このときはのん気に
「一個登って下りるんだね」くらいにしか思ってない。説明してもらったのに。

 


ところでのぼりはじめて頂上までのわたくし↓。


山ガールっていうけど、

山をオシャレに可愛く登れるなんて

猛者かよ。

f:id:kitajiko7:20170308204552j:plain

不足どころか無運動の体は何だか信じられないくらい重く
息も制御できない苦しい。。
階段呪わしい。痩せたい

 

 

でも何故でしょう、開けた景色を観ると苦しみ忘れますね。

 229メートル ですが。(桁間違ってません) 頑張った!!!

f:id:kitajiko7:20170308204922j:plain

 しかし、余裕なくてアイフォン撮影すら途絶えがち。
体力欲しい。

 

辛いのも吹き飛ぶご褒美もいっぱいありました。


里山には春の花々が。

f:id:kitajiko7:20170308204149j:plain

 雪割草とか福寿草 とかザゼンソウとか
こうして山に来なかったら観る事のなかった花ばかり。
ロウバイは近所にもあるけど、三毳山のロウバイは数段美しく咲いてました。

東屋でお昼も。

寒いし疲れたし運動したしで体は非常事態だったのですが、あつあつポトフが絶妙のタイミングで差し込まれ、超癒されました。 

 散らし寿司も持参。

f:id:kitajiko7:20170308205711j:plain

 

https://www.instagram.com/p/BRNhIoshySW/

ポトフご馳走になり蘇る。登山アイテムに興味しんしん。軽量化と体温調節。

 

下山してローカルバスで栃木駅へ。
駅近の銭湯でさっぱり。気づくと足がプルプル、結構汗もかいていたので登山+温泉のセットが如何に優れているかわかりました。
ワイン湯ジャグジー貸切で最高でした。

f:id:kitajiko7:20170308211016j:plain

というかんじの初めての登山でした。
感想はもう少し経験を積んでから色々まとめてみたいなと思います。

初回は歩くので精一杯。記録どころではなかった~
1人だったらフラワートレイン号にお世話になってるな。そのまえに遭難しそう。

まだまだ道のりは長そうです。
が、最初の登山は天気もよくいい思い出となりました。


帰りの大平山に日が暮れるさま。

f:id:kitajiko7:20170308211604j:plain

 

映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』トークイベント潜入

公開中の『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』。

 

f:id:kitajiko7:20161207172301j:plain


装苑ブログでのレビューもありながら、私が最も楽しみにしていた三菱一号館美術館長高橋明也さんと、美術ジャーナリスト藤原えりみさんのトークイベントに潜入してまいりました。

 

 

上映終了後、そのままトークイベントへという流れで 改めてスクリーン前に

三菱一号館美術館長高橋明也氏と、美術ジャーナリスト藤原えりみ氏。

f:id:kitajiko7:20161207172322j:plain

最前列かぶりつきで拝聴です。

 

 

三菱一号館美術館長の高橋明也氏は、今年春のオートクチュール展の内覧会記者会見でお話を伺ったり。

f:id:kitajiko7:20161207173726j:plain

もちろんトークイベントっていったらなるべく前列へ。


展示内容もさることながら、ファッションはアートなのか問題からはじまり、美術館で展示することの意味や三菱一号館美術館の建造物の独特な構造を生かした展示について
パリでの展示との違い、狙いや想いなどなど、美術館の現場という目線から徹底的にオートクチュール、ひいてはファッションをリサーチし尽して出した展示とメッセージという感じがして個人的に大変興味深かった!

 

このときの ブログはシェア数が飛び抜けて凄かったことも思い出深い。

--------------- 

 

藤原えりみさんは、私事ながらお会いしてみたい女性が二人いて
大内順子さんと藤原えりみさんだったのですが、ジャンルは違えどファッション・美術への愛溢れる語り口がだいすき。


そんな藤原さんと高橋館長が 実に楽しそうに映画の感想からウィーン美術・美術館事情や映画談義などテンポよく語っておられました。

f:id:kitajiko7:20161207185508j:plain


ウィーン美術界だけは、かなり独特らしい、とか。
(確かに映画全体的に誇り高い印象がある。意識レベルのお国柄古今東西もとっても興味深い)


西洋美術における、肖像画のあり方についても日本のソレとはもう根本的に違うというお話とか。


権力や財力、信仰の象徴として発達しつづけ
一般市民も小さい頃から肖像画を観続け、普通に芸術と寄り添うヨーロッパの文化

日本の大前提はやんごとなき人の姿を見てはいけない文化。

も… もしかして日本の色んな事がこの件で説明できちゃうんじゃないか。

 


全く以って まだまだ知らない事だらけでワクワクするなあ~。
美術って なんだろ!(←そこから!?)

トークイベントは、終始和やかな雰囲気。
他にもお二人でないと見落としてしまいそうな箇所への

細か過ぎる映画へのマニアックなツッコミが何とも素敵でございました。

 

週末からウィーンへ行くのですが、ほんっとうにお話を聞いてから行けて良かった。

美術史美術館で色々確かめてこようと思います。

 

 

 

『ブルーに生まれついて』 紐解けない天才問題について

 

f:id:kitajiko7:20161119203833j:plain

やっと!来週公開の 映画『ブルーに生まれついて』。
レビューというか、またも天才という生き物について。


ちゃんとしたレビューは

92 映画『ブルーに生まれついて』 | KITAJIKO | BLOG | ファッション雑誌『装苑』のオフィシャルサイト ファッション、ビューティ、カルチャーなどの厳選した情報をお届け! 装苑ONLINE

から。

音楽に詳しい方や、50年代のカルチャーに明るい人の、映画、音楽、時代背景についての詳細かつ専門的なレビューはあるので、私は感じた事を書こうかと。ブログだし。


まず、音楽って流行した当時の時代の気分ありきな気がして。


果たして今私が聞いているこの音楽は
魅力の何割感じる事ができるのだろうか、

といつも思ってしまうんです。

その温度差がありながら、映画のなかの歌や演奏を聴きながら泣きました~
ただただ、良い映画だったんだと思う。

f:id:kitajiko7:20161119205036j:plain

本作は、実在した伝説のトランペッター チェット・ベイカーの伝記。

実在の人物ですのでネタバレ以前の話なのですが
チェット・ベイカーはドラッグ中毒でスターダムから転落。再起不能と言われた状態から這い上がるまでのお話が今回の映画に。

 

ドラッグは縁遠いものと思っていますが、怖いです。
なにが怖いって切っ掛けがたいしたことない程怖いものは無いなと思います。

こうやって入ってこうやって出れなくなるのか
上手く回っていると持ち上げられ、調子に乗り、あるとき突然地獄に堕ちる。


天才は大変だ。
儲けられる可能性のある才能だもの、そりゃ目立つし色々寄ってくるでしょうね。
トラップの数が通常の数百倍ってかんじ。
なんとなくマイク・タイソンとかが過ぎります。
凄腕マネージャーや鉄の意思が無いとダークサイドに即堕ちるよね。


天才じゃなくても、甘い誘惑はちょいちょいに落ちてるので、全てを疑わない程度に調子に乗らない強さが欲しいわ。

-------------------------

 
そして

ヒロインのジェーンは女優としての成功を夢見て努力する女性。

f:id:kitajiko7:20161119211619j:plain

夢の為にオーディションにも精力的に挑戦、色々工夫してチャンスを掴もうと頑張ってるのですが、チェットは

女の成長を大事にできない系天才。
エースをねらえ!の宗方仁は、妄想上の理想像としても。

君はいつでも俺の応援をしてくれるんでしょ?
といわんばかり。


オーディションより俺じゃないの?俺の一大事だよ?
なにアレ浮気してるの?!

など 残念感ハンパないですが 不安に駆られるとわからんでもない。

天才ならずとも人のふり見て気をつけたい事例であります。

 

そして
「私がいなくちゃ この人・・・」

f:id:kitajiko7:20161119211715j:plain


という母性に訴えてくる天才もまた、

女泣かせといえよう。

 

前回のゲス系芸術家像とは微妙に違うが、
危険性中毒性は似たようなものでしょう。

 

全編を通してヒリヒリとした痛みが。

 

でも後半の歌&演奏シーンは、泣いた!ので

ハンカチ忘れないでね。

 

蛇足の蛇足で映画観ながららくがき。マークロンソンじゃないよ ロンソンはM字額がゴージャス。
タバコを吸いながらレコーディング、タバコかマウスピースかどっちかにできない口さびしい感じが、甘え上手の一人っ子男子な感じ。と勝手に勘ぐる。

50sヘアとおでこのシワ、たまらん。

f:id:kitajiko7:20161120184541j:plain

 

原題:「BORN TO BE BLUE」
公式HP http://borntobeblue.jp/

11.26(土) Bunkamuraル・シネマ ほかにて全国ロードショー!

『エゴン・シーレ 死と乙女』 より紐解く『なぜ男性芸術家はモテるのか』問題について

こんにちは。
先日、映画『エゴン・シーレ 死と乙女』の試写会へ行って参りました。

装苑ONLINEの記事はこちら↓↓

91 映画『エゴン・シーレ 死と乙女』 | KITAJIKO | BLOG | ファッション雑誌『装苑』のオフィシャルサイト ファッション、ビューティ、カルチャーなどの厳選した情報をお届け! 装苑ONLINE

 f:id:kitajiko7:20161117171851j:plain


こちらのブログでは、補足として個人的感情をぶつけてますのであしからず。

さて。
シーレ役のノア・サーベドラはモデル出身のイケメン。

 

この無機質なモデルっぽいイケメン具合が、
エゴン・シーレの華麗なる“ゲス”っぷり

見事に表現しているような気もします。

ナルシストでエゴイストっぽいシーレの顔にも似てる気がしてくる。

すごく演出がうまい。
f:id:kitajiko7:20161117175446j:plain

今年は文春効果でゲスというちょっと口にするのに躊躇する男性像が市民権を得、

広く使われる単語となり流行語大賞はPPAPとの一騎打ちか、というね。

 

 

しかしながら、今更 流行るまでもなく、


いにしえより
芸術家にゲスは枕詞でセット販売。

 

実直で不器用 または ゲス
というのが2トップ
かも知れません。

(もちろん超ニュートラルな芸術家もいる!でもまあ2トップが芸術家然としていてスキャンダラスで破天荒で目立つということでしょうけど)


「シーレ 男として最悪だなー。でも絵カッコイイんだよなー
しかし本当に絶対付き合いたくないタイプだわー
でもいい絵なんだよなーもーーー!」

 と思いながら映画を観ておりました。

 

昨年観たターナーの映画(『ターナー、光に愛を求めて』)でも、ターナーったら気ままにフラフラ旅して港に女を作って、自分の事しか考えなくて当たり前、そして当たり前のように献身的にターナーに尽くす女性の存在が複数!当たり前のようにひとりじゃないんですよ…

youtu.be

あんなにダメなのに、あんなにゲスなのに。

でも絵カッコイイんだよなー天才だわー。と思いながらこちらも鑑賞。


何故天才芸術家には(芸術に理解を示し)甲斐甲斐しく寄り添ってくれる女性の存在があるんだろう!?それもかなりの高確率だ!


因みに女性芸術家はそのような事例をあまり聞かない。
女優とかだったら破滅する男の話はゴロゴロ転がってるけど
そこには男を狂わす美がある。職業以前の大前提に美女であることね。

 

それは分かる。美人は無条件にイイ…。

 

その美に相当する価値が、ゲス系芸術家男性にはあるってことですよね。

なんなんだろね。

 

わからん。

 

私、自分自身も描き手なので、全然わからない。(わかるのが怖いw)

 

 

まあ、でも映画化向きの華麗なるドロドロ具合ということもあるかも。

シーレの芸術観・エロスへの想いというのは非常に画になる。

ただただ、そういうことなのかもしれないけど。

 

youtu.be

【描く事】を何より優先して、遠慮なくまっすぐやりたいようにやるエゴン・シーレに嫉妬する そんな映画でした。

芸のためなら女房も泣かす ゲス。


自分の信じる芸術の為に、ここまで自分勝手になれたら(しかもそれすら受け入れて貰えるミューズつき)画家冥利に尽きるでしょうね。
到底真似できない。



今、才能溢れる天才に恋してる方に特に観ていただきたい♪

ゲスに尽くすなとか苦労するわよ、とか 野暮な事は言わないから、


盛大に天才をけし掛けて

偉大な作品創造に一役買って欲しい。

 

 1月 28日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー
公式サイト:http://egonschiele-movie.com/
配給:アルバトロス・フィルム

 

 

紅の豚から紐解く、男の眼鏡についての個人的見解

昨晩は地上波での「紅の豚」の日で

ネットではにわかに盛り上がり、ここ十数年で映像の鑑賞のあり方が様変わりして
自分のマニアックな好きポイントすら知らない人と共有できるって
感動的だけど少し恐ろしくも在る。


「紅の豚」は、大人になってからちゃんと観るのは初めてかも。
マニアック過ぎるジブリクイズ大会や、即興のジブリごっこが始まるような熱烈なジブリマニアに囲まれて、今更観れないままジブリのモグリとして息を潜めて生きてる訳ですが。(でも もののけ姫以降はちゃんと観てるかな)

「紅の豚」は、ちゃんと観てれば良かったな
というくらい面白かったし切なかった~


アラフォーになって分かるジーナのきもち。

ジーナのシーンの美しさは、ジブリ髄一じゃないかしら。

f:id:kitajiko7:20161112115600j:plain


ホテル・アドリアーノ・庭・空全てのシーンがドキドキしましたけど。

 

アドリア海の美しさにびっくり。
これ、ホントにアニメか。

f:id:kitajiko7:20161112120006j:plain

 

しかし、ポルコ氏がカッコイイカッコイイカッコイイって世の男性は崇拝してますがね。

f:id:kitajiko7:20161112120135j:plain

ハードボイルドは男のロマン。
銃と乗り物と美女と酒。

結局最後は素手喧嘩。

ええ。

しかしながら女目線では正直ジーナ側に感情移入し、
「これだから男はー」と ネガティブな気持ちも持ってしまう。

 

奥さん彼女の心配を省みず男のロマンやら男の哲学で行動する子…

カッコイイし魅力的な時もあるけど、基本的に聞く耳持たずかなり振り回されるんだよね。

さすがにジーナさんも数回キレてるんですが、

そこは飛行機乗りに惚れた弱み。


私は断然フェラーリン派だ(↓画像左ね)。

f:id:kitajiko7:20161112120808j:plain

 

しかし、昨晩よりポルコ氏の丸いメガネから、

私は改めてメガネ男子へ思いを馳せている。

男のかっこよさは美醜ではない、生き様だ
という大大大テーマ

だがしかしメガネは男前度を2割くらい引き上げる(気がする)。

メガネジブリ男子ならば。


トトロのさつきちゃんちのパパ
苦労してそう。

f:id:kitajiko7:20161112121551j:plain

↓コクリコ坂の子。
七三分けにメガネが素敵。

f:id:kitajiko7:20161112121631j:plain


私の推しメガネは風立ちぬの主人公。
煙草を美味しそうに吸うので。あとは予想外にアツいところか。

f:id:kitajiko7:20161112121654j:plain

ムスカ

f:id:kitajiko7:20161112121731j:plain

ムスカはね、慣れたら案外可愛い気がするという妄想。
こじれてる人は魅力的。 (観てる分には)
あとは神経質そうな顔にメガネ、おでこというツボ。

アシタカもハウルも、カッコよすぎるんだよね。
完結してるというか。妄想の余地無しのかっこよさに何を思えばいいのか。

-----------------


自分では意識したことがあまりないのですが
振り返ると意外と多い、好きなメガネキャラ。

スラムダンクは十代の頃、牧と花形がカッコイイと思っていて
理由は高校生っぽくない老け込み方。ギャップ萌え


筋肉とインテリジェンスとメガネ。三位一体。

f:id:kitajiko7:20161112122222j:plain


サンクチュアリのメガネの方。
女友達と北條か浅見かって話になったら浅見派

f:id:kitajiko7:20161112122232j:plain

 

不二子男子ならキテレツ。

f:id:kitajiko7:20161112122244j:plain

 

以上、分かっていただけただろうか。私の嗜好を。

 

最近の俳優だとこのあたりのメガネ。(メガネしてなくてもいいんですけど)

f:id:kitajiko7:20161112123804j:plain

f:id:kitajiko7:20161112123816j:plain

f:id:kitajiko7:20161112123826j:plain

俳優×アイウェアは、別の機会にする。収拾つかなすぎる…

 

 

 

反対に、ちょっと苦手なメガネは以下の通り。
藤田 嗣治様。
f:id:kitajiko7:20161112123032j:plain

基本的にキレキレのムンムンで華のある天才にはときめかない(完全に個人的な問題)・・・

本当に、顔圧というかフェロモンがむせ返りそうな程。
これは好きな人はたまらなく好きでしょう。
好きと苦手と嫌いの個人差がまた興味深い。

既に唯一無二のキャラ立ちてるし、メガネがToo Much なほど、それぞれの顔パーツが物凄い破壊力。

媚びた引き算などしない

気高いビジュアル構成といえましょう。
超短の所謂パッツン前髪でテクノカット、ちょびヒゲにマルメガネという盆と正月が一緒にきた感。全く心が休まらない。
でも天才好きの女子は多い(ついでに美人率も高い)。
天才と美女については、論文書きたい。


何もいう事ないんだわー。
ピカソやダリあたりもそうだけど

天才はキャラ立ち過ぎ故に 良くも悪くも
しみじみ観察する楽しみと

突っ込める面白みがない。

 

ということで、何の話だったっけ・・・