尾瀬ヶ原ハイキング

f:id:kitajiko7:20170706204149j:plain
間があいて二回目のハイキングは、尾瀬ヶ原です。

自分は初心者コース登山の気分満々ですが、登山が趣味の人的にはのんびり自然を楽しむ散策なんだろうなと思いつつ、私は必死で歩いたよ。


それにしても
登山とかトレッキングとかハイキングとか散歩とか
トレイルとかアルパインとかクライミングとか

細かくていまいちわかってない…



ファッションに於ける
プレタポルテとかクルーズとかメディエタールとかオートクチュールとか
プレフォールだとかカプセルコレクション ……
みたいなものと通じ… 違

 

 

ということで、夜22時バスタ発の夜行バス【尾瀬号】に乗って尾瀬へ。

例によって遠足前の乗り物では全く眠れず、悶々と夜明け。
ここは最初の戸倉のバス停。あさやけがキレイ。

f:id:kitajiko7:20170706182548j:plain

マイクロバスに乗り換えて、鳩待峠へ。

f:id:kitajiko7:20170706182714j:plain

今回の尾瀬ヶ原ハイキングはこんな地図(拾い地図)
おおよそグリーンのルートを左回りにまた鳩待峠に戻ります。

f:id:kitajiko7:20170706182639j:plain

 

それではスタート。このとき am5:30。

f:id:kitajiko7:20170706183128j:plain

鳩待峠から山の鼻という箇所まで、三㌔ほどひたすら下ります(ということは帰りはひたすら上がるということ…)。

f:id:kitajiko7:20170706183105j:plain

早朝のせせらぎなんて初めて。
とにかく空気が美味しい。

 

涼しい山を抜けて、

尾瀬!!

f:id:kitajiko7:20170706183432j:plain

コレコレ!尾瀬って言ったらこの景色よ~ 

という風景を十分すぎるほどに堪能できます。

木道以外、人工物がない自然なのかーと思うと不思議。
色々と不思議な奇跡のバランスで成り立ってそうな土地です。

 

 

午前中は、水面もビタ凪状態で鏡のよう!
どこから観てもうつくしいなあ~奇跡のデザインだなあ。

涼しくて美しくてきゃあきゃあ言って喜んでました♪

この幻想的な池は【池塘(ちとう)というそうな。

f:id:kitajiko7:20170706183806j:plain

wikiによると高層湿原が形成される過程において、堆積した泥炭層の隙間が水で涵養された部分ができる。これが池塘であり、周囲とは隔絶された環境であるため、独特の生物相ができる。池塘と池塘の間は地上、地下の水路でつながり、時に泥炭層の一部が浮島として浮遊することもある。

 

神秘だねえ。

池溏には、色んな生物がいました。
姿を観れたサンショウウオちゃんは
それはもう のんびり優雅に過ごしてらっしゃって、本当に可愛かった。
天敵いないのかよ…くらいのんびりしてた。

f:id:kitajiko7:20170706184219j:plain


振り返れば至仏山。雪が残っててキレイ!
雪が残っている山を近くで観るのも初めてでウキウキしてました。

f:id:kitajiko7:20170706184054j:plain

水芭蕉も、もう時期としては終わりのほうだったにもかかわらず、咲き乱れるさまを堪能しました。

尾瀬の豊かな土壌で育った巨大水芭蕉に土地のパワーを感じました。

f:id:kitajiko7:20170706202523j:plain

途中流れる川も尽く透き通り、魚屋水草もよーくみえました。

f:id:kitajiko7:20170706195628j:plain

 

そんなこんなで一体どれくらい歩いたんだろう・・・
山小屋の集落みたいな場所に到着。

ドラクエみたい。

f:id:kitajiko7:20170706195811j:plain

こんな…

f:id:kitajiko7:20170706205154j:plain

f:id:kitajiko7:20170706195922j:plain

ここでしばし休憩&甘味タイム

f:id:kitajiko7:20170706200258j:plain

f:id:kitajiko7:20170706200324j:plain

素朴で甘い!運動してると本当に美味しい。

 

この日、張り切ってカップラーメンを持参したものの、おやつを買い食いしすぎて食事できなかった。計画性のない小学生か…

 

でも見て。
尾瀬アイスの花豆アイスは2個食べました。優しいあずきっぽいお味。

f:id:kitajiko7:20170706200603j:plain

 

そんなかんじで山小屋をあとにして、再び鳩待峠へ向かって木道!
いつか泊まって噂の星空拝んでみたい☆

f:id:kitajiko7:20170706200732j:plain

帰り?は炎天下のなかひたすら歩く!

この日はお天気もやや雨マークで「雨具も要るねー」と心配していたのですが

行動中は、ほぼお天気で、気温30度にもなろうっていう真夏日お天気になりました。

高地ということで風が吹くと最高にキモチイイし汗もすぐ乾くので快適。

 

なのですが、20キロ歩いた時点で最後に下ってきた山道を登るっていう苦行が待ってて

3㌔、200メートルを登るのに、やっぱり案の定死にそうになり。

全く成長してないなーと思いながらゴール。。。

 

この日のアクティビティ記録

■歩行距離 24.2キロ 

■歩数 33820歩

■登った階数 29階

 

最後に、6月下旬の日程でしたが、お花を観るにも最高のシーズンでした。

 

ピラピラモジャモジャしてる繊毛みたいな形状の花が好きらしい。
お写真は拝借~

f:id:kitajiko7:20170706203325j:plain

f:id:kitajiko7:20170706203413j:plain

f:id:kitajiko7:20170706203344j:plain


普段の行動範囲では3種類くらいしかみれないスミレも、尾瀬ではこんなにー!

スミレがとにかく元気で咲いてて興奮した…

f:id:kitajiko7:20170706203608j:plain




巨大な水芭蕉にも見受けられる通り、肥沃な土壌、手厚い保護により

かなり発育状態のいい植物たちが生き生きと佇んでいて、楽園のようで。

それはそれは素晴らしかったのです。

美しく咲く花を観ながら自然を保護するってどういうことか、ハイキングをするってどういうことか、などなどしみじみ考えてしまいました。

 

 

座頭市 キタノブルーのトラウマ

こんばんは。超久しぶりのブログ作業、しかも好きなことを何となく書く方のブログ更新です。

相変わらず名作をオンタイムで鑑賞してない私。
今回は『座頭市』です2003年の北野武氏のほうです。

f:id:kitajiko7:20170620200824j:plain

座頭市の何かが日本人の血をザワつかせるのかどうなのか、リメイクされまくっています。源流はどこかな、と思って色々調べましたが疲れちゃった…。

 子母澤寛1948年に雑誌「小説と読物」へ連載した掌編連作『ふところ手帖』の1篇『座頭市物語』が原作である。(wiki引用)

 

沢山の日本人に座頭市観を植えつけたに違いない勝新太郎の座頭市。

f:id:kitajiko7:20170620201351j:plain

勝新さまの顔圧はとてつもない。目力もテレビで見てるだけで動けなくなりそうな忘れ難い圧倒的存在感でビックリする。

いわゆる魅力のある男性の定義が、確実に現在と違いますよね。
塩系とか草系とかネットのない時代の伝説の男前…

 

はっ!
勝新に想いを馳せてたら いきなり本題を忘れた!
たけしさんの座頭市です。

 

2003年、14年前。たけしさん56歳。

かなりシュッとしていてカッコイイ! 50代ジャストくらいにお見受けするすごく絶妙なカッコよさだった。『BROTHER』の頃のたけしさんが好き。座頭市は『BROTHER』の2年後。なるほど。

f:id:kitajiko7:20170620202324j:plain

諸説ありそうな金髪碧眼ですが
彩度の低い画にパッと映えて象徴的。

北野映画は、熱狂的に観ている方ではない(というかむしろ初心者)ですが、すごい緻密に計算されつくした映画制作システムに、たけしエッセンスを効かせてる感じがするー

芸術性の高い静寂
すごーくバイオレンスな要素と、

時に滑稽でたまにやや乾いた笑いの要素
完璧なタイミングで差し込む天才の人が複数いる気がしてならない。

 

そしていわゆる有名なあの【キタノブルー】と言われる 
彩度を落とした青みがかった画面。

 

この青とにかくアウトレイジのあのシーン

思い出すんですけど~泣


水野~~!

f:id:kitajiko7:20170620203541j:plain

とんでもないトラウマを植えつけられたR15のバイオレンス映画のバイオレンスシーン。


4割くらい直視できず目瞑ってたにも関わらず、後々まで気になり引きずり、回想してしまい、何故か凄く惹かれてる自分に気づいてしまう困った北野映画(北野映画ってそういうものなのかも…)。

f:id:kitajiko7:20170620205000j:plain
多分もう一回観ても目瞑る。

 

 余談ですが、むかーーーしご縁あって読んだ事がある座頭市的な

石ノ森章太郎の佐武と市捕物控

 f:id:kitajiko7:20170620205337j:plain

この【市】っていう人物像の、なんらかに
日本人の琴線に触れ響くポイントがあるんでしょうねー

座頭市にも佐武と市にも

ハンデを持つ孤独凄腕悪を討つ というキーワードがありますが。
これってマーベルっぽいな。
日本に於いては1940~60年代のヒーロー像なのかしら。

 

80年代前後には
挫折→凄い師と出会う→修行→トーナメント→覚醒→新たな凄い敵→最終形態覚醒


という少年漫画のスタンダードが定着する前は、上記のような
市っぽいダークヒーロー像が定番であったのかもしれないですね~。

 

 

蛇足ついでに、新創刊の文庫本の佐武と市捕物控表紙が長野剛様で最高。
ほんっとウットリするような素晴らしいお仕事だ~涙。

f:id:kitajiko7:20170620205403j:plain

少林サッカー 汚しの美学

f:id:kitajiko7:20170404200034j:plain

10年くらい前に流行していたこちらの映画。
観る機会に恵まれませんでしたがこの度初鑑賞。

 

10年くらい前と思ってたけど2001年公開だって…

軽く15年経ってた汗

 

最近は数年前の出来事かと思いきや10年15年前ということがザラで中年期に突入してるという事をひたすら噛み締めるしかない。

 

で、肝心の少林サッカーなんですが。

ハチャメチャ。

ハチャメチャって週間少年ジャンプの黄金期あたりまでの要素というか

男のDNAに刷り込まれた、男のロマンなんですね、了解致しました。
という感じの。

嫌だったら即観るのやめるだろうし、それ以外は四の五の言わず観ろ。
それだけのシンプルなもんです。

それでも特筆すべき点は
妥協無き“汚し”への執念。

 

映画の美術担当の人も、よくぞここまで衣装や靴を徹底的に汚し加工したものよ。

f:id:kitajiko7:20170404201201j:plain

鑑賞中はもっと汚い印象だったけど・・・

 

その後この芸術的なほどドラマティックに汚い靴は ゴミ箱から掘起こされて劇的なリメイクを果たす。

ハム太朗!

f:id:kitajiko7:20170404201246j:plain

そのほかも、ボロボロにすすけた服や寝床などなど・・・

スクリーンを通してまるで香りまで漂ってきそうな凄まじさ。


スタッフさんがもはや全力で面白がって楽しんでそうだな、と思えるほどの
徹底的な悪趣味ファッション+汚しの美学が冴え渡り、

汚せる限り汚して

身なりも自尊心も堕ちるところまで落として

そこから

主人公達がスターダムを駆け上がっていく勢いのあるさまを大いに盛り上げ


よって映画の前半とクライマックスの対比がかなりのハイコントラストとなり

大爆発的なハレーションを起こす壮大な企画だよね。

 

それくらい、

目を背けたくなるような

作りこまれた小汚さ演出が見事でした。

 

加えてこの映画、
元気がないと耐えられないような強烈なキャラしか出てこない。
いちいち突っ込んでられないくらい全員何かしら重大なツッコミどころをお持ち。

 

悪の親玉のこの方は
たかじん先生とワ〇ミの社長さん
をフュージョンさせたようなルックスと戦闘力の高そうなヘアスタイルで最後まで一番コッテリしていたし。

f:id:kitajiko7:20170404202329j:plain

 

一瞬しかでてないヘアサロンのおねえさんは、何故だか忘れられない雰囲気をお持ちだったし。

f:id:kitajiko7:20170404202645j:plain

 

そのヘアサロンから出てきたヒロインも完全に覚醒して
スカウターも測定不能
という戦闘能力の高さ。なにげにヒロインは形態を2~3度替え、完全覚醒し最終形態に達するのは決勝戦のシーンとなる。

f:id:kitajiko7:20170404202804j:plain

 

このひとだけはやけに髪サラサラだし衝撃で服全部破けるしで
盛大に突っ込みたくなりました。(決勝戦のゴールキーパー)
こういうルックスの人、いるよね・・・

f:id:kitajiko7:20170404205158j:plain

しかし… 
主人公と仲間達意外の脇役でこの破壊力だからね。キャラ。

 

 

清潔感は徹底的に排除して、

品性も洗練も無視して
暴力的なくらい差別的で残酷。

ダサさをディティールまでこだわって追求して

世界観を他にない唯一無二なものにしてる。

実は完成度の高いクレバーな作品じゃないかって

今となっては思ってしまう。


乱暴なCGも計算だよね・・・とまで思わせる。

 

 

ん~ ん~

なんか思い出す・・・と翌々日あたりに悶々していたら、

 

・・・これだ・・・

f:id:kitajiko7:20170404201958j:plain

漫[F]画太朗先生の『地獄甲子園』。

wikiには1996-1997年連載とあるけど
20年 経ってる・・・!!!! 嘘・・・

別の意味でショックを隠せない。

 

 

話を戻しまして

地獄甲子園は、極悪非道のラフプレーで死人がでちゃう?高校野球の物語。

汚さもバイオレンス具合も似ている。。

 

まず最初の 

登場人物紹介とあらすじだけで笑える

f:id:kitajiko7:20170404204854j:plain

ハイティーンの私のハートを鷲づかみにした二頁。

乱暴だなあ。

 

 こういうのも。

f:id:kitajiko7:20170404204942j:plain

後味がにている。

 

これだけやりたい放題で下品ではちゃめちゃなのに、
独特のポジションに君臨しつづけ愛される 漫[F]画太朗。

そんな画太朗先生とチャウ・シンチー監督に同じものを感じるのかも。

 

はじめての登山は三毳山で。

わたし、生まれて初めて登山をしました。


インドアエリートとして運動に全く関心を持てぬ人生を送ってまいりました。

家の階段で定期的に転ぶ、覚えのない内出血があるなど
母親譲りの運動音痴には定評があります。


今回アレンジしていただいたのは三毳山という栃木の里山。

 

f:id:kitajiko7:20170308195912j:plain

 

前日の夜中にパッキング。
如何に軽くするかが肝なのは旅行と通じるので、勉強になります。

数ヶ月の眠りからやっと目覚めるときがきたわたしのグリーンのザックちゃん。

f:id:kitajiko7:20170308210027j:plain


朝。新宿からマロニエ号というバスで佐野アウトレットまで。

f:id:kitajiko7:20170308195200j:plain

 

 

アウトレットから三毳山まで30分くらい散歩気分で歩きます。

「あの山まで歩いていこう」
という発想がそもそも初めてな気がするなあー。新鮮。
f:id:kitajiko7:20170308195145j:plain

のちに、この画像の三毳山の三角のてっぺん、だいたい行く事になるなんて。
このときはのん気に
「一個登って下りるんだね」くらいにしか思ってない。説明してもらったのに。

 


ところでのぼりはじめて頂上までのわたくし↓。


山ガールっていうけど、

山をオシャレに可愛く登れるなんて

猛者かよ。

f:id:kitajiko7:20170308204552j:plain

不足どころか無運動の体は何だか信じられないくらい重く
息も制御できない苦しい。。
階段呪わしい。痩せたい

 

 

でも何故でしょう、開けた景色を観ると苦しみ忘れますね。

 229メートル ですが。(桁間違ってません) 頑張った!!!

f:id:kitajiko7:20170308204922j:plain

 しかし、余裕なくてアイフォン撮影すら途絶えがち。
体力欲しい。

 

辛いのも吹き飛ぶご褒美もいっぱいありました。


里山には春の花々が。

f:id:kitajiko7:20170308204149j:plain

 雪割草とか福寿草 とかザゼンソウとか
こうして山に来なかったら観る事のなかった花ばかり。
ロウバイは近所にもあるけど、三毳山のロウバイは数段美しく咲いてました。

東屋でお昼も。

寒いし疲れたし運動したしで体は非常事態だったのですが、あつあつポトフが絶妙のタイミングで差し込まれ、超癒されました。 

 散らし寿司も持参。

f:id:kitajiko7:20170308205711j:plain

 

https://www.instagram.com/p/BRNhIoshySW/

ポトフご馳走になり蘇る。登山アイテムに興味しんしん。軽量化と体温調節。

 

下山してローカルバスで栃木駅へ。
駅近の銭湯でさっぱり。気づくと足がプルプル、結構汗もかいていたので登山+温泉のセットが如何に優れているかわかりました。
ワイン湯ジャグジー貸切で最高でした。

f:id:kitajiko7:20170308211016j:plain

というかんじの初めての登山でした。
感想はもう少し経験を積んでから色々まとめてみたいなと思います。

初回は歩くので精一杯。記録どころではなかった~
1人だったらフラワートレイン号にお世話になってるな。そのまえに遭難しそう。

まだまだ道のりは長そうです。
が、最初の登山は天気もよくいい思い出となりました。


帰りの大平山に日が暮れるさま。

f:id:kitajiko7:20170308211604j:plain

 

映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』トークイベント潜入

公開中の『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』。

 

f:id:kitajiko7:20161207172301j:plain


装苑ブログでのレビューもありながら、私が最も楽しみにしていた三菱一号館美術館長高橋明也さんと、美術ジャーナリスト藤原えりみさんのトークイベントに潜入してまいりました。

 

 

上映終了後、そのままトークイベントへという流れで 改めてスクリーン前に

三菱一号館美術館長高橋明也氏と、美術ジャーナリスト藤原えりみ氏。

f:id:kitajiko7:20161207172322j:plain

最前列かぶりつきで拝聴です。

 

 

三菱一号館美術館長の高橋明也氏は、今年春のオートクチュール展の内覧会記者会見でお話を伺ったり。

f:id:kitajiko7:20161207173726j:plain

もちろんトークイベントっていったらなるべく前列へ。


展示内容もさることながら、ファッションはアートなのか問題からはじまり、美術館で展示することの意味や三菱一号館美術館の建造物の独特な構造を生かした展示について
パリでの展示との違い、狙いや想いなどなど、美術館の現場という目線から徹底的にオートクチュール、ひいてはファッションをリサーチし尽して出した展示とメッセージという感じがして個人的に大変興味深かった!

 

このときの ブログはシェア数が飛び抜けて凄かったことも思い出深い。

--------------- 

 

藤原えりみさんは、私事ながらお会いしてみたい女性が二人いて
大内順子さんと藤原えりみさんだったのですが、ジャンルは違えどファッション・美術への愛溢れる語り口がだいすき。


そんな藤原さんと高橋館長が 実に楽しそうに映画の感想からウィーン美術・美術館事情や映画談義などテンポよく語っておられました。

f:id:kitajiko7:20161207185508j:plain


ウィーン美術界だけは、かなり独特らしい、とか。
(確かに映画全体的に誇り高い印象がある。意識レベルのお国柄古今東西もとっても興味深い)


西洋美術における、肖像画のあり方についても日本のソレとはもう根本的に違うというお話とか。


権力や財力、信仰の象徴として発達しつづけ
一般市民も小さい頃から肖像画を観続け、普通に芸術と寄り添うヨーロッパの文化

日本の大前提はやんごとなき人の姿を見てはいけない文化。

も… もしかして日本の色んな事がこの件で説明できちゃうんじゃないか。

 


全く以って まだまだ知らない事だらけでワクワクするなあ~。
美術って なんだろ!(←そこから!?)

トークイベントは、終始和やかな雰囲気。
他にもお二人でないと見落としてしまいそうな箇所への

細か過ぎる映画へのマニアックなツッコミが何とも素敵でございました。

 

週末からウィーンへ行くのですが、ほんっとうにお話を聞いてから行けて良かった。

美術史美術館で色々確かめてこようと思います。