高尾山 夏の花

前回 常念岳から2週間。高尾山へ。

f:id:kitajiko7:20170806231726j:plain


登山超初心者にしてはいささかおかしな順番ですが、登山をしてみようと思った理由のひとつがなので、そういうことです。

しかし、前回のアウトドアから2週間しか経っていない事実に我ながら驚きを隠せません。二日間家を出てない・2週間電車に乗らないなんてザラなので、私が運動しにこんな頻繁に遠方へ足を運ぶなんて、家族戦慄
不安そうに送り出してくれます。

------------------------


とにかく電車で高尾まで。

都会に一番近い自然、ということで近年ロープウェーで気軽にアクセスできて、参道は完璧に整備され、ビアガーデンもあるって噂はよく見聞きしますが

 

登山口から行きます。
駅からバスでここに降りました。そしてスタート。

f:id:kitajiko7:20170806232057j:plain

 

沢沿いの美しい道を歩きます。水辺で木陰はきもちいい。

f:id:kitajiko7:20170806232410j:plain


修験道とあります。緑が深くて厳か。本当にキレイ。

f:id:kitajiko7:20170806232300j:plain

ここでひとつ目の目的のお花、イワタバコ発見。
たしかにタバコ吸ってる。カワイイ。

f:id:kitajiko7:20170806232514j:plain

f:id:kitajiko7:20170807083226j:plain

 

イワタバコのポイントから いわゆる山道。


ケーブルカーで山頂にアクセスすると、ものすごい人の賑わいで街のようですが

蛇滝口からの道はすれ違う人も少なくて、とっても静かでキレイ。山に来た感を満喫できます。

 

相変わらず体は重くて登るのが普通にしんどい

無理せず自分のペースでしか登れないと身に沁みたので、なるべく淡々とモモ上げに勤しみます。



しかし花はいい。
何故なら美しいし休めるから。(不謹慎)
 

花を発見すると先を行く同行者が足を止め、一眼でしばし接写するわけです。
そうすると止まって休めるわけです。
じっくり花を愛でながらつかの間の休息、そして牛歩再開。

という運びで私はやっとの事で登るわけです(ヘボい)。

ですので必死な私の花発見スキルは精度を増し、技は磨かれるのです。

体力つけて軽快に歩こうっていう方向に意識が行かないのは…

 

 

そんなこんな色んなお花があったんですね。

f:id:kitajiko7:20170806233201j:plain

f:id:kitajiko7:20170806233219j:plain

f:id:kitajiko7:20170806233235j:plain

f:id:kitajiko7:20170806233334j:plain

f:id:kitajiko7:20170806233359j:plain

そのほかにも、小さな小さな小さな花がいっぱいでしたが
この時期の高尾山の多勢はヤマアジサイのようでした。

 

マクロな花を接写した写真を観るとビックリするようなすばらしい造形のものもあって、見る目が変わる。

少しずつ野草の魅力に惹かれていきます。

 

 

職業柄 花はよく観察しているつもりでしたが、犬の散歩道にあるポピュラーな雑草とよばれる植物の花や、手入れの行き届いた園芸種の華やな花にすっかり慣れていた私、山独特の花の世界を垣間見て世界は知らない事だらけだなと思うわけであります。

しかし名前が全く覚えられない。細かすぎて。マニアックな世界です。

 

しかし、気温は多分平地より5度くらい涼しいんだと思いますが、湿気が凄くて汗が止まらない。手の甲から汗ってのを生まれて初めて体験。
しかし相当なデトックス効果のようで、肌が生まれ変わった。

 

やがて道はイキナリ開けて舗装され茶屋やお土産屋の並ぶ霞台園地という場所に到着。

すかざず桑の葉ソフトタイム。超ボリューミー。

f:id:kitajiko7:20170806233600j:plain

 

いきなり花も虫も華やかになる。

f:id:kitajiko7:20170806233809j:plain

f:id:kitajiko7:20170806233829j:plain

↓この蝶はアサギマダラっていうんですって。ゆったり舞っててエレガントでした♪しかも全然怖がらない。さすが。

f:id:kitajiko7:20170806233627j:plain

 

山頂までたくさん咲いていたヤマユリ!!!
日本特産のゴージャスな大輪。

あまりに美しい花びらのアウトライン。めっちゃ描きたい。

可憐な花に癒されつつも、圧倒的な華やかさのヤマユリにはやっぱりときめきます。

f:id:kitajiko7:20170806234000j:plain

花の重さで項垂れるほどの大輪。すごい迫力でした。

f:id:kitajiko7:20170806234353j:plain


山頂までの道中は大変風光明媚なもので
アイコンであるこの方達もそこここでお見かけしました。
存在感すごい。

f:id:kitajiko7:20170806234543j:plain

f:id:kitajiko7:20170806234633j:plain

 

そして山頂

f:id:kitajiko7:20170806234711j:plain

あまりの人の多さに面食らって、キョロキョロしつつ証拠だけ記録。

山頂からの景色♪

f:id:kitajiko7:20170806234747j:plain

山頂でのお目当てはこの冊子。
ビジターセンターのカウンターで聞くと出してくれて貰えます(限りがあるみたい)。

f:id:kitajiko7:20170806234957j:plain

高尾山はスミレの豊富さでも有名なんですって。
来春は絶対スミレ観に来たい!

 

ということで山頂を後にしました。
4号路から降ります

f:id:kitajiko7:20170806235112j:plain

ここからまた山道を下っていきます。人がグッと減って蘇る山感。
吊橋なんかもあったりして。

f:id:kitajiko7:20170806235300j:plain

そしてサル&野草園

猛暑は辛いだろうな~と思いきや、やたらと元気にオリジナリティ溢れる遊びに興じるサルさんが面白かった。

f:id:kitajiko7:20170806235401j:plain


植物園にはもうひとつのお目当てのお花レンゲショウマ

はじめてみたし、聞いた。
丸い蕾、涼しげなカラリングで下を向く花の佇まいがなんとも上品。

f:id:kitajiko7:20170806235943j:plain

f:id:kitajiko7:20170807000104j:plain

 

他にもナデシコ

f:id:kitajiko7:20170807000158j:plain

 

マムシグサの実 怖い!けど観たい!

f:id:kitajiko7:20170807000257j:plain

などなど、本当にたくさんの花を観ることができました。

本当に豊富でキャパいっぱい飽和状態なくらい。

 

虫も、面白い珍しいもの見れたし(ここでは敢えて割愛)

帰りはあまりの暑さに無理は禁物(ということで)リフトで優雅に下山。
なが~いリフトで気持ちよく景色も楽しめてかなり快適。

f:id:kitajiko7:20170807000557j:plain

リフトを降りて駅に隣接する温泉にて汗を流し

サッパリして帰りました!温泉がモチベーションになるわけで・・・。

f:id:kitajiko7:20170807000946j:plain

完全に今年は 今までの人生で一番動いてる

 

常念岳

f:id:kitajiko7:20170724200604j:plain

七月も半ば。

連日の猛暑日ですが私ははじめての北アルプスに挑んでおりました。

上げ膳据え膳、猛者の完璧プランに守られて、これは敗退できない戦いだ。。
「オコジョとライチョウに会えるかもね~」
という甘い誘いにも誘われ(単純)

 

今回は竹橋から出発する夜行バスにて、一ノ沢まで。

f:id:kitajiko7:20170724200944j:plain

緊張で一睡も出来ず。

登山口に5:00前到着。

f:id:kitajiko7:20170724201009j:plain

登山者情報を記入してこちらのポストへ。

f:id:kitajiko7:20170724201111j:plain

大好きなお稲荷さんを食べて出発!

f:id:kitajiko7:20170724201149j:plain

 

因みに、前回の登山は栃木県の三毳山229m。

今回挑んだ常念岳は、2857m。

うーん、10倍・・・


色んなプロセスを無視してイキナリ来てしまった感があり
とにかく私はビビっていた。

畏れ多くてどうしても全く登れる気がしなくて食欲も無く、緊張しておりました。

 

完璧な行動計画や準備をしていただき
重い荷物も結構持っていただき、私は最低限の装備で歩くのみだし

せめて自分の体ぐらいは自分で持っていくしかない…!!

がんばろー

f:id:kitajiko7:20170724202052j:plain

 

借り画像ですが、今回のコースはこんな感じみたい。

常念岳 一ノ沢コースマップ 長野県の山

f:id:kitajiko7:20170724202349j:plain

沢沿いを登っていくルートみたいです。

大中小たくさんの丸太橋が。
こういう橋を渡るのもはじめてかも。
イチイチうろたえながら、ヨロヨロよろめきながら渡りました。

f:id:kitajiko7:20170724202855j:plain

 山道を歩きつつ、ずっと水の流れる音が聞こえて、いくらか涼しげ。

沢にちかづくと、実際とっても涼しい。

今回、もう化粧は捨てて日焼け止めのみで挑んだのですが
沢で顔を洗ったら昇天しそうな気持ちよさで、心を決めてしまえばスッピンいいもんだな~。

f:id:kitajiko7:20170724203504j:plain

いいかんじの沢があると(無くても)すぐ休憩を要求する超初心者の私。

f:id:kitajiko7:20170724203920j:plain

ほんっとに水きれい。2時間くらいここでマッタリしたりお弁当でも食べて読書したい。ずっと水見てたい・・・。

 

…というわけにもいきませんので、 先を急ぎます。

f:id:kitajiko7:20170724204512j:plain

ゴロゴロの岩の足場を延々登るのですが、グラついてはビビり…
ところどころに雪も残ってました。

 

七月の連休ということで人も多め。
元気なお子さん(忍者のように身軽でカッコイイ)やオシャレなカップルも多い。

だいぶアウトドアブランドの判別もつくようになってきたかも。

それにしても
山に慣れてそうな人のプロポーションは素晴らしい。
男性も女性もピンと背筋が通り、素晴らしいカモシカのようなレッグラインで歩き方もきれい。
体幹が鍛えられてるってこういうことなのかい~

などと思いながら嘗め回すように観察(休憩中のみ)。

f:id:kitajiko7:20170724204731j:plain

↑超人カップルっぽい。カッコイイ~

 

いろんなレイヤードの可能性は見ていてワクワクする。

 

自分に山オシャレはまだ早いと思っておりますけれども。
もう少し達者になったらあのブランド着てみたいとか妄想ばかりしておりました。

 

 

そうこうしてるうちに、最も恐れてたポイント『胸突八丁』に到着・・・
胸についちゃうくらい傾斜が急なんだからね!

ってゾーンらしい。こわーー!

f:id:kitajiko7:20170724205607j:plain

写真じゃ分かりませんが、急すぎる階段(ときどき下が見える)にお尻がヒエーってなります。

f:id:kitajiko7:20170724205828j:plain

 で、最終水場で休憩。
こちらで水を汲んでみます。運動してると水が美味しい。本当に生き返る。

f:id:kitajiko7:20170724210021j:plain

f:id:kitajiko7:20170724205305j:plain

↑ここからラストスパート、本当の胸突八丁だったような気がする。

たしかにしんどいし、10歩歩いたら休みたい感じだったのですが、前回の尾瀬の最後の登りや初めての三毳山の最初階段のほうが遥かに死にそうだった印象。

それでもやはりヒーヒー泣きつつ少しずつ進んで、似た様なペースで頑張ってた見知らぬお兄さん達と励ましあいながら(見知らぬ人が優しい山の不思議)。

 

 

わああーーーーーん!ついたーーー!!

f:id:kitajiko7:20170724210704j:plain

着きました常念乗越~♪

皆が「槍様 槍様」と言っていて、あの尖がってるのが槍ヶ岳(槍様)かー!
想像していたより山が大きい。

 

目標達成!自分頑張った!!

f:id:kitajiko7:20170724211205j:plain

リア充みたいな写真を撮ってアイス満喫してSNSでも投稿して絶景自慢して・・・

 

 

「それでは 山頂にむかいます。」

「え・・・」

 

f:id:kitajiko7:20170724211419j:plain

山頂へは400メートルほどゴツゴツの岩の道をひた上る。

ここまできて更に高尾山に登るっていうか…


オコジョとライチョウには会えなかった 泣

f:id:kitajiko7:20170724212400j:plain


この岩が精神的にキツイ…

結構グラグラしていて、疲れてて足がもつれて踏み外したりするのがちょっとした恐怖で、帰りのイメージが絶望的。

f:id:kitajiko7:20170724212044j:plain

胸突八丁の10倍しんどく感じました…

岩嫌いになりました。

f:id:kitajiko7:20170724212129j:plain

 

 

それにしても素晴らしすぎる眺望。

f:id:kitajiko7:20170724212016j:plain

岩の質感も模様も、とっても独特で美しくなってきて山は雄大だし

もう少し体力があったら、この景色もっと堪能できたかと思うと悔しい。

 

 

それでも歩けば頂上にたどり着くわけで・・・。


辛かったけど最高でした^^ また来たいな

f:id:kitajiko7:20170724212449j:plain

山小屋までの下山は案の定グラつく岩場、もつれる足…
とにかく もつれながら尻餅ついたり滑ったりしたけど夕食に間に合いました…。


夕食後ガスガスだった常念岳がきれいに晴れておりました。


うーーーん全く以って再び登れる気がしない(ガスっててよかった)。

f:id:kitajiko7:20170724213356j:plain

 

 

疲れすぎて夕日と星空は見れず。

朝焼けは見れました。

f:id:kitajiko7:20170724213138j:plain

下山前にコーヒーを淹れてもらい、
ケーキも食べて喫茶タイムでご機嫌になり下山!

f:id:kitajiko7:20170724213247j:plain

最後は温泉→天ぷらそば(思わず目を閉じる美味しさ)で

f:id:kitajiko7:20170724214058j:plain

すっかり山の飴鞭をかみ締めたところで


登山なんかしたら絶対死ぬ→から

登山しんどいけどご褒美嬉しい

 
(訳:山に行くとしんどいけど、キレイな景色が見れてご飯が美味しくて汗を大量にかくので肌ツルツルで美容に良いし温泉キモチイイ(ご褒美効果)
でも岩とブヨ怖い)


という心情変化と刷り込みが出来たようです。

 

今回、余裕がなさ過ぎて写真が撮れませんでしたが、花も見事に咲き乱れておりました。ほんとうに見所いっぱいのすごい山だ! 一回じゃわからん!

尾瀬ヶ原ハイキング

f:id:kitajiko7:20170706204149j:plain
間があいて二回目のハイキングは、尾瀬ヶ原です。

自分は初心者コース登山の気分満々ですが、登山が趣味の人的にはのんびり自然を楽しむ散策なんだろうなと思いつつ、私は必死で歩いたよ。


それにしても
登山とかトレッキングとかハイキングとか散歩とか
トレイルとかアルパインとかクライミングとか

細かくていまいちわかってない…



ファッションに於ける
プレタポルテとかクルーズとかメディエタールとかオートクチュールとか
プレフォールだとかカプセルコレクション ……
みたいなものと通じ… 違

 

 

ということで、夜22時バスタ発の夜行バス【尾瀬号】に乗って尾瀬へ。

例によって遠足前の乗り物では全く眠れず、悶々と夜明け。
ここは最初の戸倉のバス停。あさやけがキレイ。

f:id:kitajiko7:20170706182548j:plain

マイクロバスに乗り換えて、鳩待峠へ。

f:id:kitajiko7:20170706182714j:plain

今回の尾瀬ヶ原ハイキングはこんな地図(拾い地図)
おおよそグリーンのルートを左回りにまた鳩待峠に戻ります。

f:id:kitajiko7:20170706182639j:plain

 

それではスタート。このとき am5:30。

f:id:kitajiko7:20170706183128j:plain

鳩待峠から山の鼻という箇所まで、三㌔ほどひたすら下ります(ということは帰りはひたすら上がるということ…)。

f:id:kitajiko7:20170706183105j:plain

早朝のせせらぎなんて初めて。
とにかく空気が美味しい。

 

涼しい山を抜けて、

尾瀬!!

f:id:kitajiko7:20170706183432j:plain

コレコレ!尾瀬って言ったらこの景色よ~ 

という風景を十分すぎるほどに堪能できます。

木道以外、人工物がない自然なのかーと思うと不思議。
色々と不思議な奇跡のバランスで成り立ってそうな土地です。

 

 

午前中は、水面もビタ凪状態で鏡のよう!
どこから観てもうつくしいなあ~奇跡のデザインだなあ。

涼しくて美しくてきゃあきゃあ言って喜んでました♪

この幻想的な池は【池塘(ちとう)というそうな。

f:id:kitajiko7:20170706183806j:plain

wikiによると高層湿原が形成される過程において、堆積した泥炭層の隙間が水で涵養された部分ができる。これが池塘であり、周囲とは隔絶された環境であるため、独特の生物相ができる。池塘と池塘の間は地上、地下の水路でつながり、時に泥炭層の一部が浮島として浮遊することもある。

 

神秘だねえ。

池溏には、色んな生物がいました。
姿を観れたサンショウウオちゃんは
それはもう のんびり優雅に過ごしてらっしゃって、本当に可愛かった。
天敵いないのかよ…くらいのんびりしてた。

f:id:kitajiko7:20170706184219j:plain


振り返れば至仏山。雪が残っててキレイ!
雪が残っている山を近くで観るのも初めてでウキウキしてました。

f:id:kitajiko7:20170706184054j:plain

水芭蕉も、もう時期としては終わりのほうだったにもかかわらず、咲き乱れるさまを堪能しました。

尾瀬の豊かな土壌で育った巨大水芭蕉に土地のパワーを感じました。

f:id:kitajiko7:20170706202523j:plain

途中流れる川も尽く透き通り、魚屋水草もよーくみえました。

f:id:kitajiko7:20170706195628j:plain

 

そんなこんなで一体どれくらい歩いたんだろう・・・
山小屋の集落みたいな場所に到着。

ドラクエみたい。

f:id:kitajiko7:20170706195811j:plain

こんな…

f:id:kitajiko7:20170706205154j:plain

f:id:kitajiko7:20170706195922j:plain

ここでしばし休憩&甘味タイム

f:id:kitajiko7:20170706200258j:plain

f:id:kitajiko7:20170706200324j:plain

素朴で甘い!運動してると本当に美味しい。

 

この日、張り切ってカップラーメンを持参したものの、おやつを買い食いしすぎて食事できなかった。計画性のない小学生か…

 

でも見て。
尾瀬アイスの花豆アイスは2個食べました。優しいあずきっぽいお味。

f:id:kitajiko7:20170706200603j:plain

 

そんなかんじで山小屋をあとにして、再び鳩待峠へ向かって木道!
いつか泊まって噂の星空拝んでみたい☆

f:id:kitajiko7:20170706200732j:plain

帰り?は炎天下のなかひたすら歩く!

この日はお天気もやや雨マークで「雨具も要るねー」と心配していたのですが

行動中は、ほぼお天気で、気温30度にもなろうっていう真夏日お天気になりました。

高地ということで風が吹くと最高にキモチイイし汗もすぐ乾くので快適。

 

なのですが、20キロ歩いた時点で最後に下ってきた山道を登るっていう苦行が待ってて

3㌔、200メートルを登るのに、やっぱり案の定死にそうになり。

全く成長してないなーと思いながらゴール。。。

 

この日のアクティビティ記録

■歩行距離 24.2キロ 

■歩数 33820歩

■登った階数 29階

 

最後に、6月下旬の日程でしたが、お花を観るにも最高のシーズンでした。

 

ピラピラモジャモジャしてる繊毛みたいな形状の花が好きらしい。
お写真は拝借~

f:id:kitajiko7:20170706203325j:plain

f:id:kitajiko7:20170706203413j:plain

f:id:kitajiko7:20170706203344j:plain


普段の行動範囲では3種類くらいしかみれないスミレも、尾瀬ではこんなにー!

スミレがとにかく元気で咲いてて興奮した…

f:id:kitajiko7:20170706203608j:plain




巨大な水芭蕉にも見受けられる通り、肥沃な土壌、手厚い保護により

かなり発育状態のいい植物たちが生き生きと佇んでいて、楽園のようで。

それはそれは素晴らしかったのです。

美しく咲く花を観ながら自然を保護するってどういうことか、ハイキングをするってどういうことか、などなどしみじみ考えてしまいました。

 

 

座頭市 キタノブルーのトラウマ

こんばんは。超久しぶりのブログ作業、しかも好きなことを何となく書く方のブログ更新です。

相変わらず名作をオンタイムで鑑賞してない私。
今回は『座頭市』です2003年の北野武氏のほうです。

f:id:kitajiko7:20170620200824j:plain

座頭市の何かが日本人の血をザワつかせるのかどうなのか、リメイクされまくっています。源流はどこかな、と思って色々調べましたが疲れちゃった…。

 子母澤寛1948年に雑誌「小説と読物」へ連載した掌編連作『ふところ手帖』の1篇『座頭市物語』が原作である。(wiki引用)

 

沢山の日本人に座頭市観を植えつけたに違いない勝新太郎の座頭市。

f:id:kitajiko7:20170620201351j:plain

勝新さまの顔圧はとてつもない。目力もテレビで見てるだけで動けなくなりそうな忘れ難い圧倒的存在感でビックリする。

いわゆる魅力のある男性の定義が、確実に現在と違いますよね。
塩系とか草系とかネットのない時代の伝説の男前…

 

はっ!
勝新に想いを馳せてたら いきなり本題を忘れた!
たけしさんの座頭市です。

 

2003年、14年前。たけしさん56歳。

かなりシュッとしていてカッコイイ! 50代ジャストくらいにお見受けするすごく絶妙なカッコよさだった。『BROTHER』の頃のたけしさんが好き。座頭市は『BROTHER』の2年後。なるほど。

f:id:kitajiko7:20170620202324j:plain

諸説ありそうな金髪碧眼ですが
彩度の低い画にパッと映えて象徴的。

北野映画は、熱狂的に観ている方ではない(というかむしろ初心者)ですが、すごい緻密に計算されつくした映画制作システムに、たけしエッセンスを効かせてる感じがするー

芸術性の高い静寂
すごーくバイオレンスな要素と、

時に滑稽でたまにやや乾いた笑いの要素
完璧なタイミングで差し込む天才の人が複数いる気がしてならない。

 

そしていわゆる有名なあの【キタノブルー】と言われる 
彩度を落とした青みがかった画面。

 

この青とにかくアウトレイジのあのシーン

思い出すんですけど~泣


水野~~!

f:id:kitajiko7:20170620203541j:plain

とんでもないトラウマを植えつけられたR15のバイオレンス映画のバイオレンスシーン。


4割くらい直視できず目瞑ってたにも関わらず、後々まで気になり引きずり、回想してしまい、何故か凄く惹かれてる自分に気づいてしまう困った北野映画(北野映画ってそういうものなのかも…)。

f:id:kitajiko7:20170620205000j:plain
多分もう一回観ても目瞑る。

 

 余談ですが、むかーーーしご縁あって読んだ事がある座頭市的な

石ノ森章太郎の佐武と市捕物控

 f:id:kitajiko7:20170620205337j:plain

この【市】っていう人物像の、なんらかに
日本人の琴線に触れ響くポイントがあるんでしょうねー

座頭市にも佐武と市にも

ハンデを持つ孤独凄腕悪を討つ というキーワードがありますが。
これってマーベルっぽいな。
日本に於いては1940~60年代のヒーロー像なのかしら。

 

80年代前後には
挫折→凄い師と出会う→修行→トーナメント→覚醒→新たな凄い敵→最終形態覚醒


という少年漫画のスタンダードが定着する前は、上記のような
市っぽいダークヒーロー像が定番であったのかもしれないですね~。

 

 

蛇足ついでに、新創刊の文庫本の佐武と市捕物控表紙が長野剛様で最高。
ほんっとウットリするような素晴らしいお仕事だ~涙。

f:id:kitajiko7:20170620205403j:plain

少林サッカー 汚しの美学

f:id:kitajiko7:20170404200034j:plain

10年くらい前に流行していたこちらの映画。
観る機会に恵まれませんでしたがこの度初鑑賞。

 

10年くらい前と思ってたけど2001年公開だって…

軽く15年経ってた汗

 

最近は数年前の出来事かと思いきや10年15年前ということがザラで中年期に突入してるという事をひたすら噛み締めるしかない。

 

で、肝心の少林サッカーなんですが。

ハチャメチャ。

ハチャメチャって週間少年ジャンプの黄金期あたりまでの要素というか

男のDNAに刷り込まれた、男のロマンなんですね、了解致しました。
という感じの。

嫌だったら即観るのやめるだろうし、それ以外は四の五の言わず観ろ。
それだけのシンプルなもんです。

それでも特筆すべき点は
妥協無き“汚し”への執念。

 

映画の美術担当の人も、よくぞここまで衣装や靴を徹底的に汚し加工したものよ。

f:id:kitajiko7:20170404201201j:plain

鑑賞中はもっと汚い印象だったけど・・・

 

その後この芸術的なほどドラマティックに汚い靴は ゴミ箱から掘起こされて劇的なリメイクを果たす。

ハム太朗!

f:id:kitajiko7:20170404201246j:plain

そのほかも、ボロボロにすすけた服や寝床などなど・・・

スクリーンを通してまるで香りまで漂ってきそうな凄まじさ。


スタッフさんがもはや全力で面白がって楽しんでそうだな、と思えるほどの
徹底的な悪趣味ファッション+汚しの美学が冴え渡り、

汚せる限り汚して

身なりも自尊心も堕ちるところまで落として

そこから

主人公達がスターダムを駆け上がっていく勢いのあるさまを大いに盛り上げ


よって映画の前半とクライマックスの対比がかなりのハイコントラストとなり

大爆発的なハレーションを起こす壮大な企画だよね。

 

それくらい、

目を背けたくなるような

作りこまれた小汚さ演出が見事でした。

 

加えてこの映画、
元気がないと耐えられないような強烈なキャラしか出てこない。
いちいち突っ込んでられないくらい全員何かしら重大なツッコミどころをお持ち。

 

悪の親玉のこの方は
たかじん先生とワ〇ミの社長さん
をフュージョンさせたようなルックスと戦闘力の高そうなヘアスタイルで最後まで一番コッテリしていたし。

f:id:kitajiko7:20170404202329j:plain

 

一瞬しかでてないヘアサロンのおねえさんは、何故だか忘れられない雰囲気をお持ちだったし。

f:id:kitajiko7:20170404202645j:plain

 

そのヘアサロンから出てきたヒロインも完全に覚醒して
スカウターも測定不能
という戦闘能力の高さ。なにげにヒロインは形態を2~3度替え、完全覚醒し最終形態に達するのは決勝戦のシーンとなる。

f:id:kitajiko7:20170404202804j:plain

 

このひとだけはやけに髪サラサラだし衝撃で服全部破けるしで
盛大に突っ込みたくなりました。(決勝戦のゴールキーパー)
こういうルックスの人、いるよね・・・

f:id:kitajiko7:20170404205158j:plain

しかし… 
主人公と仲間達意外の脇役でこの破壊力だからね。キャラ。

 

 

清潔感は徹底的に排除して、

品性も洗練も無視して
暴力的なくらい差別的で残酷。

ダサさをディティールまでこだわって追求して

世界観を他にない唯一無二なものにしてる。

実は完成度の高いクレバーな作品じゃないかって

今となっては思ってしまう。


乱暴なCGも計算だよね・・・とまで思わせる。

 

 

ん~ ん~

なんか思い出す・・・と翌々日あたりに悶々していたら、

 

・・・これだ・・・

f:id:kitajiko7:20170404201958j:plain

漫[F]画太朗先生の『地獄甲子園』。

wikiには1996-1997年連載とあるけど
20年 経ってる・・・!!!! 嘘・・・

別の意味でショックを隠せない。

 

 

話を戻しまして

地獄甲子園は、極悪非道のラフプレーで死人がでちゃう?高校野球の物語。

汚さもバイオレンス具合も似ている。。

 

まず最初の 

登場人物紹介とあらすじだけで笑える

f:id:kitajiko7:20170404204854j:plain

ハイティーンの私のハートを鷲づかみにした二頁。

乱暴だなあ。

 

 こういうのも。

f:id:kitajiko7:20170404204942j:plain

後味がにている。

 

これだけやりたい放題で下品ではちゃめちゃなのに、
独特のポジションに君臨しつづけ愛される 漫[F]画太朗。

そんな画太朗先生とチャウ・シンチー監督に同じものを感じるのかも。